東京医科大学病院




緩和ケアチームの体制と活動

7つの分野から、プロが集まっています。

当院の緩和ケアチームは、厚生労働省が定めた以下の7職種によって構成されており、主治医や病棟看護師からの依頼を受け、緩和ケアの支援を開始していきます。ケアに加わるメンバーは、患者さんやご家族が抱える問題によって変わります。

  • 身体症状緩和医師
    患者さんが快適な生活を送れるように、「からだ」の面からサポートします。主に痛みや吐き気など、がんに伴うつらい症状の緩和を担当します。
  • 精神症状緩和医師
    がんは精神的にも大きなストレスをもたらします。不安感や気分の落ち込みが続くときは、「こころ」のケアの専門家として、治療やアドバイスを行います。
  • 緩和ケア認定看護師
    個性が尊重され、「大切にされている」と患者さんが感じられるケアが提供できるように、専門スタッフの調整役を担います。
  • がん専門薬剤師
    処方された薬、サプリメントについても検討します。症状に合わせて新しい薬を提案したり、服用量の変更を助言したりします。
  • 保健師
    地域の保健・医療・福祉部門と連携をとりながら、在宅療養について、さまざまな制度の利用方法を提案したり、ケア・介護の方法について助言します。
  • 管理栄養士
    食事や栄養に関するアドバイスを行います。食欲不振や飲み込みづらさなど、がん治療に伴う問題を患者さんと共に考えます。
  • 医療ソーシャルワーカー
    患者さんを支えるたくさんの人々の力や医療・福祉サービスが、治療やケアを行ううえで十分なサポートとなるように、心理・社会的な側面からお手伝いします。

チームメンバーの専門性を生かした意欲的な活動

毎週火曜日に、チームの中心となるメンバーが依頼患者さんのもとに出向いてお話しし、皆さんの状態を把握します。その後、メンバー全員で情報を共有します。よりよいケアを提供するために、それぞれの立場から専門性の高い活発な議論が交わされています。

主な依頼は痛みや不眠などの症状緩和ですが、意思決定の支援や精神的ケアなどに対するアドバイスも増えてきました。

緩和ケアチームは、病棟看護師や医師、薬剤師へのアドバイスや研修会等も行っており、病院全体に「個性の尊重」を基盤とする医療が浸透するように活動しています。