東京医科大学病院




東京医科大学病院の緩和ケア

その人がその人らしく生きるために。
緩和ケアは治療と並行して行われます。

「病気を診ないで人を診なさい」
昔から医学教育ではよくいわれる言葉ですが、実はこれが緩和ケアの本質です。東京医科大学病院で行っている緩和ケアは、「徹底的な個人の尊重」。あくまで、その人がその人らしく生きるためのケアです。

治療困難な患者さんに行われるというイメージが強い緩和ケアですが、実際には治療と並行して行われます。診断時から緩和ケアをスタートして、根治を目指す標準治療→保存的な治療→症状緩和の治療へと、治療の目的が移っていくにつれて、患者さんの個性を尊重する部分を少しずつ大きくしていきます。

患者さんだけではなく、ご家族の方への支援も、緩和ケアのひとつです。どんな小さな悩みでもご相談ください。