東京医科大学病院




平成23年度 開催分

  • 第2回「装い~いつもの私らしく~」
第2回は「装い~いつもの私らしく~」と題して、女性患者さんを対象に、専門家の方から、ウィッグの試着や眉の描き方を中心にレクチャーしていただきました。参加者の体調を考慮し、看護師も参加しました。

日 時:
平成24年2月20日(月)13:00~15:00
場 所: 東京医科大学病院 本館6階 第2・3会議室
参加者: 当院で化学療法を受けられている女性がん患者さん
内 容: 眉の描き方   
アイライナーを自然に見せるテクニック
頭皮のケア、脱毛時のシャンプーの仕方
ウィッグのお手入れ方法  など

今回のテーマは、「きれいになろう」ではなく、「いつもどおりの美しさ」を出していくこと。日常生活の中で「いつものその人らしさ」を出すことを中心に、お話と実際のメイクが行われました。 眉の描き方では、実際に患者さんに描いてもらったあとにポイントを教えていただき、カルテにしてお渡ししました。また、汗をかく夏場に向けての皮膚ケアや、化学療法による肌荒れの対処法もうかがうことができました。

眉だけ、ウィッグだけの講習会はありますが、両方を同時に行うことは珍しく、参加者からは「楽しく濃い時間が過ごせた」「少人数だったので聞きたいことがたくさん聞けた」という声をいただきました。


    
  • 第1回「化学療法と食事」
第1回は「化学療法と食事」がテーマでした。内容は、管理栄養士による治療中の食生活を充実させる工夫についての講義や、患者さん同士のグループディスカッションを行いました。参加者の体調を考慮し、医師・看護師も参加しました。

日 時:
平成23年11月29日(火)13:00~15:00
場 所: 東京医科大学病院 本館6階 第2・3会議室
参加者: 外来化学療法センターを利用されているがん患者さんとご家族
講 師: 栄養管理科長 管理栄養士 榎本眞理
内 容: 管理栄養士による栄養指導   
化学療法中、化学療法後に生じる変化について
食事・栄養面からの工夫と試食タイム
質疑応答・グループディスカッション

はじめに、栄養管理科長から、病気による味覚の変化や口内炎についての対処法や食欲のないときのおすすめ料理などについてお話がありました。参加者のなかには熱心にノートをとる方もおり、多くの質問がありました。

15分ほど休憩をはさんだあと、グループディスカッションへ。マイブームなどの話から、病気や検査の話までさまざまな話題で盛り上がりました。最後は医師も一緒になって栄養食品の試食・試飲をして終了。終了後のアンケートでは評判も上々でした。


問い合わせ先:
東京医科大学病院 総合相談・支援センター
がん相談窓口 医療ソーシャルワーカー 保健師
TEL:03-3342-6111(代表)
※がん患者サロン「とぽす」のチラシの詳細は、PDF形式でご覧になれます。
PDF形式のデータをご覧いただくにはAdobe SystemsIncorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat(R) Readerが必要です。