東京医科大学病院




「がん登録」について

「がん登録」は、がん医療の向上に役立っています。

増え続けているがん。今こそ、がん医療の進歩と新しい治療薬の開発が求められています。そのためには、がんに関するあらゆるデータを収集し、分析することが不可欠で、その情報収集に役立つ制度が「がん登録」です。しかしながら、「がん登録」はまだ正しく理解されておらず、都道府県によってその進展状況が異なるのが現状です。1人でも多くの命を助けるために、「がん登録」の推進が必要なのです。

国が管理する「がん登録」には、病院が主体となって施設のがん診療について調べる「院内がん登録」と、自治体が主体となって地域の状況を調べる「地域がん登録」があります。この他、学会や研究会が中心となる「全国臓器別がん登録」という制度もあります。

院内がん登録とは?

ある病院でがんの診断や治療を受けた患者さんについて、性別や年齢、どのようにがんが見つかったか、どのような診療・治療を受けたか等のデータを収集します。病院ごとにデータをまとめるため、病院ごとの特徴や問題点等を明らかにすることができます。

地域がん登録とは?

「地域がん登録」は、地域における特徴や患者数、生存率等を長期にわたって調査し、分析するために重要な調査です。「院内がん登録」で提出されたデータには、同一人物が複数の医療機関で診療・治療を受けたデータも含まれます。「地域がん登録」により、それが同一人物のものかどうかを判断し、整理します。「地域がん登録」は国民の健康を守る重要な調査だとして、国際的にも多くの国で実施されています。

個人情報保護はどうなるの?

「がん登録」では、病気の状態等の他、患者個人の氏名や生年月日等の個人情報も同時に提供されます。これは、より精度の高いデータ収集のために、同一人物であることを確認しながら進めることが不可欠だからです。
がん登録については、個人情報保護法に該当せず、本人の同意を得なくても情報の提供ができるという通知が厚生労働省から出されています。しかし、まだ認知が徹底されていないために誤解が多く、登録がなかなか進んでいません。

「地域がん登録」を実施している国のうち、約半数でがんの届出そのものを法律で義務付けており、日本でもがん登録の法制化に向けて検討を重ねているところです。

東京都では、「院内がん登録」を推進し、将来的に「地域がん登録」を整備すべく、準備を進めています。

皆さまの「がん登録」へのご理解とご協力をお願いします。