東京医科大学病院




チームメンバーの紹介

「ここに来て良かった」と安心してもらえる
緩和医療部を目指します。

緩和医療部を訪れる患者さんやご家族には、がんと診断されてから精神的にも肉体的にもストレスの多い生活をされてきたことでしょう。私たちは患者さんのつらい症状を和らげることと共に、患者さんやご家族の思いを受け止め、寄り添うことで、「がんと付き合うのがつらくならない」ように、患者さんやご家族を応援いたします。治療を継続されている方、治療自体は終わったけれど定期的に経過観察をされている方、これ以上のがんと闘う治療ができずにつらさを取る治療が中心になった方々へ、それぞれの状況にあった医療やケアを提供し、「ここに来て良かった」と心から安心してもらえる緩和医療部を目指します。
これからの療養先をご自宅や他の医療施設にする場合には、切れ目のない緩和医療・ケアが受けられるようにお手伝いいたします。

「この病院、なんか温かい」と言われる存在でありたい。

この緩和ケアチームの最大の特長は、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、保健師、栄養士等、多職種の集まりだということです。各職種のエキスパートが、互いを認め合い、意見交換や情報共有を行いながら、がんを体験した「一生活者」である患者さんとその家族を中心として「輪」を形成しています。これこそまさに「医療の縮図」であるかと思います。特に緩和ケアの場合、精神面からの支えが大きいのですが、看護師さんやソーシャルワーカーさんが、患者さんにとって「気楽に何かを語れる」存在になっています。私自身、他のスタッフから得るものも大きいと感じています。
「治療」と「ケア」は並行して行われるべきものだと思います。実際に、早い段階で痛みを取れば、治療やその後の経過も良いという報告もあります。がんとうまく付き合えるようにすることが緩和ケアなのです。

緩和ケアを早期から取り入れることで、
精神面においてもより良い生活が送れます。

2007年の当院の緩和ケアチーム発足時から、精神症状緩和医師として関わっています。患者さんの精神的苦痛に関して、不安や苦悩などをゆっくりお聴きしてから、精神科的治療の必要性の有無を判断いたしております。緩和ケアを取り入れて精神的苦痛を軽減することは、QOL(生活の質)や身体的治療の向上にもつながります。心のつらさを我慢せず、がんの治療早期より緩和ケアを積極的に取り入れていただければと思います。

薬剤師としてジェネラリストでありたい。
後輩の育成にも力を注いでいきたいです。

疼痛の治療薬を処方したり、服薬に関して医師や看護師、病棟薬剤師の相談を受け、サポートしています。このチームは医師や看護師さん等、多職種で構成されていますが、薬剤師の職域にこだわらず、チームとして患者さんに接していくことの大切さを感じました。患者さんとの接し方は看護師さんから、画像評価やデータの取り方は医師の方々から学びました。今後は後輩の育成にも力を入れていきたいと考えています。
患者さんやご家族から、「いてくれてありがとう」と言われた時、この仕事をしていて本当に良かったと実感します。薬剤師と接する機会は少ないかもしれませんが、もっと身近に感じていただければ嬉しいです。困った時には、いつでも声をかけてください。

患者さんからの声に真摯に耳を傾けることが、
とても大切だと実感しています。

がんの治療には、鎮痛薬をはじめとする多くの薬剤を併用しなければならないことがあります。薬剤師の視点から、使用する薬剤の情報提供、効果や副作用の評価を行い、患者さんに安心して治療に専念していただけるよう、サポートしていきたいと思っています。
このチームでの活動を通じて、なによりも患者さんに寄り添い、さまざまな声に真摯に耳を傾けることが、緩和ケアを行っていくうえでとても大切なことであると日々実感しており、なかでも看護師さんの患者さんに対する接し方はとても勉強になっています。
使用薬剤に関することや、困っていること(痛みやつらさ)等がありましたら、些細なことでも構いませんので迷わず相談してください。