東京医科大学病院




医師からのメッセージ

肺がんの質の高い総合的な診療

診断面では、熟練した専門医による画像診断や最先端の内視鏡技術などを使って肺がんの早期発見に努めています。治療面では、早期がんには胸腔鏡を併用した低侵襲な治療、進行がんには拡大手術、化学療法、放射線療法、分子標的療法などの集学的治療と、患者さんの状態に合ったオールラウンドの治療を行います。本院における肺がんの手術数は日本有数であります。

また太い気管支にできた早期がんに対する内視鏡的レーザー治療では世界の先駆的立場にあります。また、進行がんのよる気道狭窄に対してのステント治療にも屈指の経験を有しています。呼吸器内科、放射線科、病理などの関連各科と緊密に連携し、高度な診療を安全に行う方針はスタッフ一同の基本ポリシーであります。