東京医科大学病院




放射線療法

放射線療法はがんになった部分を
ピンポイントで治療します。

放射線療法とは、高エネルギーのエックス線や電子線といった放射線をがんに直接照射することによって行う治療法です。腫瘍をしっかりと制御し副作用を少なくするために、コンピュータを使ってがんになった部分に集中的に当てて治療を行います。

放射線治療の利点は、「がんになった部分に近接した正常組織の温存と機能の維持」、「低侵襲(身体をできるだけ傷つけない)」を挙げることができます。声の発生が失われる可能性の高い喉頭がんのような場合でも、発生機能は温存され、もとの声で話すことができるようになります。また、放射線治療は手術療法では切除できないような場所でも治療することが可能です。

当院では標準治療としての放射線治療を行っていますが、それ以外にも強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy)にも取り組んでいます。これは正常な部分の照射線量を抑えながら、がんになった部分に集中的に放射線を当てる方法で、画像診断とコンピュータ技術の発達によって可能になった治療法です。これによって、複雑な形で組織に入り込んだがん組織に対しても、治療できるようになりました。