東京医科大学病院




スタッフの紹介

「皆さんと一緒に考える」、
がん相談支援チームがあります。

「がん相談窓口」の役割は、「がん」と告知された患者・ご家族の皆さんの不安や悩みをただ聞くのではなく、一緒に解決方法を探すことにあります。いわば「問題解決の糸口」だと思ってください。
「がん」と告知されれば、ショックを受けない人はいません。でも、その不安や悩みは一人で抱え込まず、ぜひ私たちの窓口を訪れてください。相談内容はどんなことでも構いません。私たちソーシャルワーカーが窓口となり、医師・薬剤師・栄養士などとの連携の中で、解決方法を探っていくことも可能です。
また、いろいろな話をしていくうえで大切なのは、相談しやすい雰囲気づくりと同時に、「聞いてあげますよ」ではなく「一緒に考える」というスタンスだと考えています。患者さんたちが「がんと一緒に生きていく」ということを考えるときの、「どこよりも親切で、どこよりも丁寧ながん相談の場所」を目指して、主に患者・ご家族の皆さんを対象としたサポートに徹しています。また、単に情報のやりとりだけではなく、「気持ちがあたたかくなる相談を受けられた」という印象を感じてもらえたらいいなと思っています。

誰にでも不安があって当たり前です。
その人らしい生活ができるようにお手伝いします。

二人の祖母が倒れたことをきっかけに転職し、福祉の世界に入りました。倒れた時期が介護保険施行の前後だったので、受けられるサービスの有無によって、療養の内容や家族の負担に差がついてしまうことが身にしみてわかりました。その経験も、相談を受けるうえで役に立っています。
最初のうちはどうすればいいかわからず、非常に不安だと思います。「こんなこと聞いていいの?」と思うことも、どうぞ聞いてください。人間は決して強い生き物ではないかもしれませんが、その一方で、すばらしい回復力も持っています。病気による制約があっても、患者・ご家族の皆さんがその人らしい生活ができるようにお手伝いいたします。

情報は、しっかりと確認できる相手が必要です。
多方面にわたるネットワークを利用してください。

以前とは異なり、今はインターネットなどで治療法や薬などについても簡単に調べられるので、多くの情報が得られます。「がんです」と告知されたら、特に若い患者・ご家族の皆さんは自分でどんどん調べて、「こういう情報があるけど、本当ですか?」といった相談をされることもよくあります。その情報が正しい情報なのか、自分に合った情報なのかを確かめるという意味では、やはり客観的に確認できる相手が必要だと思います。私たちは、都内に関してはもちろん、地方についても、すぐに現地の医療情報を聞けるネットワークも持っています。一人で悩まず、相談室を利用してください。
とはいえ、実際に予約をして、時間を作って病院へ足を運ぶのは、まだまだ勇気がいることだと思います。どうぞ遠慮せずに、重いものを背負うことになったら、一歩踏み出してみてください。私たちはじっくりとお話を聞きます。人に話すだけでも、痛みや気持ちは軽くなります。抱え込まないで、一緒に話しましょう。

自分のことは自分で決めなければいけない時代です。
「きちんと悩むこと」が、最善の治療につながります。

今の時代は患者・ご家族の皆さんが、治療方針なども含めて、いろいろなことを主体的に選ばざるを得なくなってきています。「自分たちがどうしたいか」をまわりに伝えられなければ、よい治療や療養になりにくいのが難しいところです。私たちは、「状況を十分に理解してもらい、きちんと悩んで決めてもらう」というプロセスを、柔軟な対応やアイデアでお手伝いしています。
不安でいっぱいだと思いますが、相談室を利用することで、ご家族の方だけで抱え込まずに治療や療養をすることは可能です。「相談室があって、いつでも利用できる」ということを、心のどこかに置いておいてください。困ったときには思い出して、利用してほしいと思います。

主役は患者・ご家族の皆さんです。
いつでも話を聞く体制を整えています。

私も悩みやすい性格なので、相談に来られる方のお気持ちがよくわかります。お話をじっくり聞いたうえで、「どんなことが一番心配ですか」と語りかけて、皆さんが自分の言葉で話しやすい雰囲気を心がけています。
主役は患者・ご家族の皆さんです。悩んでいる方には、「あなたが主体となって決めていいんですよ」ということをお伝えして、「こんなことがしたい」など、返ってくる言葉をヒントに、解決に向けて具体的に動き出します。
複雑な事情があっても、話していくうちに問題がはっきりすることがあります。誰にも相談できないこともあると思うので、遠慮なくこの場を利用してください。皆さんが話したいときに、いつでも聞ける体制をつくっています。

日常生活のあらゆる面で力になります。
「おみやげ」を持ち帰ってください。

病気そのものは医師が診ますが、私たちは患者・ご家族の皆さんの生活面を支援していきます。病気になると、お金、人間関係、仕事など、考えなければならないことが一気に増えます。私たちは、生活を支える方法があるのか、どうすれば制度を利用できるかなどを解決していきます。
相談に来られる皆さんは、ここに来たときと帰るときでは表情が変わります。病気があっても、「有意義な情報が得られてよかった」と、おみやげを手にしたように帰る姿を見ると、とても嬉しいです。
大学病院は利用しにくい印象があるかもしれませんが、当院は新宿周辺に根ざし、すべての人に開かれています。一人で悩まず、話してみませんか。

「こんなこと聞いてもいいのかな」
と思っても、まずは相談してみてください。

「治療費について聞きたい」「どんな制度が使えますか」など、目的がはっきりしている相談もありますが、「どこに聞いていいのかわからない」、「医師に何を聞いたらいいのでしょうか」という場合も多くあります。そんなときは、一緒に相談内容をひも解いていきます。そうすると、「自分が何を聞きたかったのかわかった」ということがよくあります。
大切にしているのは、「患者・ご家族の皆さんと一緒の目線で考える」ことです。どこに話していいのかわからないことを、一緒に考えてくれる場所だと思ってください。ソーシャルワーカーがいる意味は、まさにそこにあると思います。
当院には緩和ケアチームもあります。医師や緩和ケア認定看護師ともきちんと意見を交換し合って情報を共有し、患者・ご家族の皆さんとスムーズなコミュニケーションができるように心がけています。
考えがまとまっていなくても、私たちと一緒に考えることによって、よりよい方向に向かうことができます。「ここで相談することではないのかもしれないけど、いいのかな」と思っても、まずは相談してみてください。